【インタビュー】王者を目指すアンディ・ウーが武術の真髄を掴む?!「俺のやりたいこと、俺のやるべきことを取られた」と吉岡に対抗心を燃やす!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3.20後楽園大会で新クルーザー王者となった吉岡世起に突如挑戦表明をしたのは、セコンドで応援していたNEW ERAのチームメイトのアンディ・ウーだった。そして、4.19後楽園大会で早速同王座に挑戦することも決定。永遠のライバルとの一戦を前に、元王者は何を語るのか?

──3.20後楽園大会で、吉岡世起選手がクルーザー王座を奪取したあとすぐに挑戦を表明されましたけど、あの時はどういうお気持ちで行かれたんですか?
アンディ「同じNEW ERAのチームメイトである吉岡選手がクルーザーに挑戦したんですけど、その対戦相手は自分が年始に負けたMAZADA選手だったんですよね」

──はい。ベルト奪取はならなかったですよね。
アンディ「だから、ここは吉岡選手に勝ってもらいたいと思って、セコンドで応援しようと思ったんですよ。実際、試合中はずっと応援してましたからね。素直に勝ってもらいたいと。でも、いざ吉岡選手がベルトを取り、マイクを持って『クルーザーの今を作る』って言った瞬間に変わりましたね」

──応援する気持ちが?
アンディ「取った瞬間はうれしい気持ちもあったんですけど、悔しさみたいな気持ちも湧いてきたんですよね。『それは俺がやる!』っていう気持ちのほうが強くなって。だから、その場で居ても立っていられずに、気づいたらリングでマイクを持っていましたね」

──リングに上ったこともわからなかったぐらいの衝動が湧いてきたんですね。
アンディ「『俺のやりたいこと、俺のやるべきことを取られた』みたいな感情はありましたよね」

──でも、クルーザーのベルト自体はアンディ選手のほうが先に取っているわけじゃないですか?
アンディ「そうですね。ただ、あの時ももっと防衛を重ねたかったし、チャンピオンとして経験できることってあると思うんですよ。僕はベルトはそのためにあると思っているんで。一度落としてから何度か挑戦しているんですけど、取るには至らなかったので、隙きあらばいこうというのが常に頭にはありますね」

──それだけ得難い体験ができたと。吉岡選手にもお話を聞いたんですけど、アンディ選手とはW-1の旗揚げから一緒にやってるし、同志的な気持ちがあると言っていたんですよね。特別な相手だと。アンディ選手はどういうふうに思われてるんですか?
アンディ「たしかに旗揚げから一緒なんですけど、僕は旗揚げ戦出てないんですよね。メキシコにいたんで(笑)」

──ああ、そうでしたね(笑)。
アンディ「まあ、1カ月遅れでこっちに合流してなんか孤独な感じはあったんですけど、吉岡選手のことは僕も常に意識していますね。当時から意識していましたし、それこそメキシコにいても意識する存在でしたからね。歳も同じぐらいだし、階級も同じだし。で、毎回闘っていて、勝ち負け抜きにして凄く楽しいという感覚があります」

──あ、そうなんですか!
アンディ「はい。結果的に勝った負けたはあるんですけど、ガンガンやり合える相手なんでね。吉岡選手もそうかもしれないですけど、自分の持っている物をすべて出せる。凄く楽しい相手なんですよね」

──そういう感覚は他の相手だとなかなかないですか?
アンディ「ないですね。だから、今回のタイトルマッチは凄く楽しみですね。もちろんベルトを取ることも重要なんですけど、吉岡選手との闘いが楽しみです。前に僕がベルトを持っている時にもタイトルマッチをやっているんですよ」

──2015年の12月24日の後楽園ホール大会ですよね。
アンディ「あの試合は僕が勝ちましたけど、ギリギリの闘いをやって、凄く楽しかったのを覚えています」

──手が合うわけですか。
アンディ「そうですね。まあ、シングルの戦績だと僕が一つ負け越しているので、今回は僕が勝ってイーブンに持ち込んで、その後の初防衛戦も吉岡選手を指名して、それにも勝って勝ち越しを狙いたいです」

──そんなに闘いたいんですか(笑)。ちなみに現在はNEW ERAとして組んでもいますけど、お互いの日々の成長を実感したりします?
アンディ「蹴りの切れ味が以前より増して怖くなってきたかなと思いますね。前は『受けたるわ』っていう感じでやっていたんですけど、最近は当たるとやばいなというのがありますね。ゾッとする瞬間があるんですよ」

──ほほう!吉岡選手もベルトを持ってからのアンディ選手はキレが増したとおっしゃっていました。
アンディ「ベルトを取る前は自分の型というか、形にハマっていたという部分があったと思うんですよね。だから、キレが増したというよりも、形をなくしたんですよ」

──形をなくした……?
アンディ「はい。キレが増したというのはその結果だと思います。以前はカンフーのバックボーンがあるからカンフーの技をやらなきゃとか、ルチャの修行に行ったからルチャをやんなきゃっていうのがあったんですよ。でも、今は形に拘らず、自分の身体を空にして、水のような感覚になっていますね」

──水のような感覚!
アンディ「動きは中国武術じゃなくても、その要素は武術なんですよ。つまり、これまで僕が習得してきた中国武術やルチャという形はいらなくなるために必要だったということなんです」

──難しい表現ですけど、なんか武術の真髄に近づいている感じなんですか?
アンディ「そうですね。相手を騙している感覚もありますね。例えばキレがない普通の動きをする。ところが、それが逆にキレにつながることもある。その状態ならその先のキレにも到達することができる。だから、まず自分を弱くしておくことですね。そして、ここぞという時に自分の力をポンと出す。そういう技術もあります。ただ、それはリング上でやってみないとわからないんですよね(笑)」

──よくわかりませんけど、練習してできることではないということですよね?
アンディ「感覚ですね。僕はブルース・リーの影響も受けているんですけど、『考えるな。感じろ』って言うんですよ」

──有名なセリフですよね(笑)。
アンディ「ただ、考えてしまうし、考えてるようで考えてないような時もあります。その時の体調とか観客の温度とか、環境によって変わってくることもあるんですよね」

──ちょっとこっちで噛み砕くと、ルチャの修行をしてきたからルチャの技を出さなきゃいけないとか、そういう形にとらわれなくなってきたということですね。
アンディ「そうですね。そこにとらわれていました。ただ、それはそれでいざという時にルチャの引き出しを身につけられたんで必要な修行だったんですよ。でも、それは身についたらいらないわけで」

──いらないとはまた極端な(笑)。でも、意識せずともポンと自然に出てくるという状態に持っていくということなんですかね?
アンディ「最近はそれをよく感じます」

──ということは、アンディ・ウーのプロレスがしっかりと固まり始めてきたということなんですかね?
アンディ「そうです。固まり始めてきましたね」

──ただ、吉岡選手はベルトを落としてから、波があるということをおっしゃっていましたよ。だから、タイトルマッチにはキレッキレの状態で来てほしいと。
アンディ「波があるのはたしかですけど、言われるまでもなくキレッキレで行きますよ。体調は絶好調ですし、僕はケガをしたことがないんでね。欠場もしたことないですし、万全の状態で後楽園ホールのタイトルマッチに臨めると思います」

──それは楽しみですね。ところで、W-1も新体制になり、その一発目の後楽園大会でタイトルマッチを若い世代でやるというのはどう思われますか?
アンディ「一言で言うとおいしいなって(笑)」

──注目度は高いですからね(笑)。
アンディ「あと、応援してくれている人たちから『W-1大丈夫?』って言われるんですけど、『大丈夫です』と言いたいですね。体制が変わろうが、自分は自分でい続けることが大事だと思うんですよ。周りが変わったから自分も変わるのではなく、まず自分で変わると。変化する状況は自分で作り出す。その結果、周囲が変わればいいと思ってますから」

──今日のアンディさんは非常に哲学的ですね(笑)。要約すると「俺についてこい!」という感じですか?
アンディ「はい。もし不安を持っている人がいるなら、それを忘れさせるぐらいの試合を吉岡選手と2人でやりますよ。まあ、全力で闘いにいきますんで、4月19日の後楽園大会は楽しみにしていてください」

『WRESTLE-1 TOUR 2017 CHERRY BLOSSOM』
日時:2017年4月19日(水)
開始:19:00
会場:東京・後楽園ホール

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者/TriggeR】芦野祥太郎
vs
【挑戦者/TriggeR】近藤修司
※第11代王者は初の防衛戦

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組/NEW ERA】土肥孝司/熊ゴロー
vs
【挑戦者組/NEW ERA】稲葉大樹/児玉裕輔
※第8代王者組は初の防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者/NEW ERA】吉岡世起
vs
【挑戦者/NEW ERA】アンディ・ウー
※第7代王者は初の防衛戦

▼タッグマッチ
木村花(ACE)/才木玲佳(Cheer♡1)
vs
安納サオリ(アクトレスガールズ)/万喜なつみ(アクトレスガールズ)

サイト内検索

団体別

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る