後楽園決戦24時前!W-1初代タッグ王者決定リーグ戦決勝トーナメント出場4チームがコメントを発表

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

WRESTLE-1の11.28横浜ラジアントホール大会で『First Tag League Greatest 〜初代タッグ王者決定リーグ戦〜』決勝トーナメントへ進出を決めた“デスペラード”河野真幸&TAJIRI組(Aブロック1位)、 “チーム246“カズ・ハヤシ&近藤修司組(Aブロック2位)、“赤天狼”KAI&浜亮太組(Bブロック1位)、 “new Wild order”AKIRA&征矢学組(Bブロック2位)が24時間後に迫った11.30後楽園決戦に向けコメントを発表した。

参加チーム中唯一の公式戦全勝で決勝トーナメント進出を果たした“デスペラード”は準決勝で対峙する“new Wild order”に対し「そう言う怪しい名前を付ける時点でダメ」と河野が吠えるとTAJIRIは「ヌルい体質。改革して生存競争に生き残れる組織にする」とWRESTLE-1現体制を牽制。
一方、“new Wild order”は「後楽園は正念場」と語るAKIRAに対し、パートナーの征矢は「野上彰48歳のスパイ疑惑の借りを2人で返したい」と自身が騒いだスパイ騒動を全く悪びれない相変わらずのマイペースワイルドを発揮。
公私に渡るコンビネーションでBブロックを首位通過した“赤天狼”はKAIが「攻撃は最大の防御」と語れば浜も「凄く楽しみ」と2人揃って静かに闘志を燃やす。
そしてタッグ結成歴が一番長いが無冠の“チーム246“はカズが「プロレスの感性パワーで勝ちたい」近藤が「戦略を持って試合をしている」とタッグに絶対的自信をのぞかせながら明日に照準を合わせた。

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る