【会見】UWA世界6人タッグ王者になった稲葉&児玉&藤村がACEの3人に上から目線!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 新宿FACE大会で近藤修司&征矢学&NOSAWA論外との王座決定戦を制し、UWA世界6人タッグ選手権のベルトを奪取したNEW ERAの稲葉大樹、児玉裕輔、藤村康平と、Pro-Wrestling ACEの立花誠吾、頓所隼、タナカ岩石が会見に登場。稲葉、児玉、藤村の3人は王座奪取から一夜明けての喜びを語ると共に、この日決定した3.20後楽園大会で行なわれる初防衛戦に向けてのコメントを発表。また、その初防衛戦の相手となる立花&頓所&タナカは若々しく意気込みを述べた。

藤村「昨日、UWAのベルトを王者決定戦として稲葉さん、児玉さんと挑みました。そして今、ベルトは僕たちの所にあります。形として結果が確実に出たと思います。これからはドンドン防衛してきたいと思います」
稲葉「今回のUWAが決まるまでに藤村が一回悩んで、本当に実家に帰って戻ってくるという決断をして、普通帰ってきてタイトルマッチが組まれるチャンスってないと思うんですけど、昨日のFACEでものにして、ベルトは僕らが持っているんで、藤村は帰ってきて正解だったと思います。また、このベルトの価値を上げるためにまた僕らで防衛をしていきたいと思います」
児玉「藤村くんが特になんですけど、ガムシャラさというか泥臭さが存分に出て獲れたベルトなんじゃないかと思います。この僕らのガムシャラさと泥臭さみたいなものを王者となっても失うことなく防衛を重ねていけたらなと思ってます」
立花「昨夜、藤村選手、稲葉選手、児玉選手がチャンピオンベルトを獲って、僕らが挑戦を表明したんですけど、それを受けていただいてありがとうございます。だけど、藤村さんから僕たち3人は直接ピンを獲ってるんで、次も挑戦権利があると思っているんで、3月20日の後楽園ホールも藤村さんから直接獲って、チャンピオンになりたいと思います」
頓所「まず挑戦できて凄くうれしいです。そして、この挑戦が早いって言う人がいると思うんですけど、もう決まったことなんで、必ず獲りたいと思います。そしてこの3人は藤村選手からシングルマッチで3カウント獲ってるんで、今回6人タッグですけども、ベルトを必ず獲りたいと思います」
タナカ「まあ、何度もくどいようですが、自分も藤村さんから3カウント獲ってます。個人的なことなんですけども、児玉さんと稲葉さんには学院生の頃からお世話になっていて、そのお二人とタイトルマッチで闘えるのを非常に光栄に思うのと同時に、どうせACEのメンバーが挑戦しても勝てないんじゃないかとか、先日のリザルトの時もそうだったんですけど、どうせACEのメンバーが決勝行けるわけねえだろう、勝てるわけねえだろうと思われていると思うんですけど、今回このUWA世界6人タッグ、歴史あるこのベルトにACEのメンバー3人が勝って、ファンの予想、周りの予想を覆したいと思います」
藤村「みんなに僕は負けてます。で、今みんなが言ってたとおり、凄くナメられていると思います。でも、ベルトがあるのは僕たちで、前の僕とは違うので、昨日は稲葉さんが獲ったんですけど、これは僕が獲りたいと思います」
稲葉「藤村がここにいる3人に負けているということですけど、僕らはボコボコにするだけだと思ってます。格の違いを見せつけたいと思います」
児玉「カッコいい!」
稲葉「言っちゃった(笑)」
児玉「カッコいいですね。カッコいいな、稲葉さん(笑)。藤村くんがピン獲られているというか、そういうのをしっかり仕返しをするという意味でこのタイトルマッチはガッチリ藤村くんにやってもらいたいなと思います。僕と稲葉さんは格の違いを見せつけるので(笑)、ACEの3人もW-1のリングでACEというものをしっかり見せるというギラついた感じがあるんですけど、藤村くんがそれに負けてたらちょっと前までの藤村くんと同じになると思うんで、一皮むけた、大きくなった藤村くんというのをしっかり見せてもらいたいなと思います」

──チャンピオンチームから完全に上から物を言われていますけど、その点に関してはいかがですか?
立花「格の違いを見せるって言われてますけど、僕らも卒業してただただ試合させてもらってただけじゃないんで、先輩たちが見てないところでドンドンドンドン成長していって、先輩たち自身が今NEW ERAで若手若手と言われていますけど、僕も頓所も10代、タナカ岩石23歳、とんでもなく若いんで、その急成長をナメないほうがいいと思いますよ」
頓所「NEW ERAの方たちも若いと思うんですけど、僕らも若いんで若さで勝ちたいと思います」
タナカ「格の違いを見せつけると言われてましたけど、せっかくなんで稲葉さんも頭突きを使われるので、自分とどっちが頭が硬いのか、頭突き勝負してください。昨日の土肥さんみたいに鼻へし折ってやります」

──と、言われてますが、稲葉さんいかがでしょうか?
稲葉「はい、やります(笑)。ただ、土肥さんのところを僕は見てないんで。でも、今日の会見の格好を見ても、違いは出てると思います」

──ちなみにチャンピオンの3人はスーツでビシッと決めてますけど、何かあるんですか?
児玉「チャンピオンだからです」

 「格の違いを見せつける」と余裕が漂うコメントを発したチャンピオンチーム。一方で、そのチャンピオンチームの藤村からいずれもシングルマッチで勝利しているという実績を、これでもかとアピールしたチャレンジャーチーム。苦悩の中からチャンピオンへと大逆転劇を見せた藤村が、ACEの3人に先輩としての強さを改めて見せつけるのか? また、稲葉に大胆不敵にも頭突き勝負を申し込んだタナカは、土肥同様にその鼻をへし折ってしまうのか?
 3月20日、後楽園ホールで、歴史と伝統に彩られたUWA世界6人タッグのベルトが、若い力に染められる!

『WRESTLE-1 TOUR 2017 TRANS MAGIC』
日時:2017年3月20日(月・祝)
会場:東京・後楽園ホール大会
開始:19:00

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第10代王者】河野真幸
vs
【挑戦者】芦野祥太郎
※第10代王者・河野真幸、3度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第7代王者組】カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)
vs
【挑戦者組】土肥孝司/熊ゴロー
※第7代王者組・カズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎組、4度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第6代王者】MAZADA
vs
【挑戦者】吉岡世起
※第6代王者・MAZADA、2度目の防衛戦。

▼UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第53代王者組】稲葉大樹/児玉裕輔/藤村康平
vs
【挑戦者組】立花誠吾(Pro-Wrestling ACE)/頓所隼(Pro-Wrestling ACE)/タナカ岩石(Pro-Wrestling ACE)
※第53代王者組・稲葉大樹&児玉裕輔&藤村康平組、初の防衛戦。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る