23日に骨折した大仁田が試合に強行出場し、1・2アジアタッグ初V戦での“凶器持参”を宣言!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 超戦闘プロレスFMW12・23高松で、相手組のダブルブレーンバスターを受けた際、斜めからリングマット下に張ってある金具部分の上に落ち、腰を強打。右腸骨(腸骨翼)骨折で全治2カ月の重傷を負った大仁田厚。
 それでも、「オレの試合を待ってくれているファンがいるかぎり、休むわけにはいかない」と、アパッチ・プロレス12・25新木場大会に強行出場した。
 会場には、主治医である平尾クリニック(東京都品川区)の平尾充成医師を呼び、試合前に4本の痛み止めの注射を打って臨んだ。
 大仁田は雷神矢口、保坂秀樹、Hi69と組み、HASEGAWA&亀田勝&寺尾利明&櫻井匠とストリートファイト有刺鉄線ボード8人タッグデスマッチで対戦。大仁田は持ち前の場外戦、毒霧、イス、机の破片での攻撃を繰り出し、パートナーの3人が、うまくカバー。最後はHi69がストゥーカスプラッシュを櫻井に決め(15分53秒、片エビ固め)、自軍が勝利を奪った。

 大仁田は22日の会見で、全日本プロレス来年1・2後楽園ホールで行われるアジアタッグ王座初防衛戦(パートナーは渕正信)のルールついて、挑戦者の秋山準&井上雅央に対し、「エニウェア・ストリートファイト・トルネード・バンクハウスタッグデスマッチ」を提示。これに対し、全日本12・24川越で秋山が「エニウェアとかは認められないし、あくまでもPWFルール。ただし、大仁田さんが『お守り』として、凶器を持ち込むのは認める」と発言。
 この件に関し、大仁田は「秋山さん、申し出ありがとうございます。だったら『お守り』を持って行かせてもらう。残すところ、あと9日。その間に治す。1・2後楽園には死んでも出る。渕さんには迷惑かけるわけにはいかない。エニウェアはダメだけど、ストリートファイト・トルネード・バンクハウスタッグデスマッチは決定した。『お守り』を持ち込むのは自由なんだから」と宣言した。

 また、大仁田はこの後、金村キンタロー引退興行12・27後楽園、翔太AID12・31新木場にも予定通り、出場する意向を示した。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る