【会見】全てのベルトを失ったNEW ERAから稲葉大樹と児玉裕輔が初タッグでベルト挑戦!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2017年1月8日の後楽園ホール大会にて、カズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎の保持するWRESTLE-1タッグチャンピオンシップに挑戦が決定した稲葉大樹、児玉裕輔が記者会見を行いその意気込みを語った。

稲葉「まぁ河野さんに負けて、UWAも前回獲られて。一気にベルトをなくしてちょっと自分の中で目標という物がなくなって。なにか目標みたいなものが欲しいなって時に僕がタッグに挑戦したことがなくて。なにか新しいことに挑戦したいと思っていたので、タッグ王座に挑戦したいと思いました。で、その時はパートナーが自分の中ではあまり考えてなかったんですけどちょっとですね…児玉さんと僕、あまり組んだりした機会が無くて。児玉さんは海外とかにも行ってましたし。あんまりかかわったこともなかったんで、一回組んでみたいなと思いまして僕からアプローチさせて頂きました。で今回挑戦することが決まりました」

児玉「そうですね、この度稲葉さんからパートナー、ラブコールを頂きまして。2017年一発目からタッグに挑戦することになりました。まぁ僕も一緒で、先日の後楽園でタイトルを失ったのでもう一度仕切り直しという事で。2017年一発目からぶっ飛ばしていこうということで決まりました。よろしくお願いいたします」

――稲葉選手は児玉選手と組んでみたいとおっしゃっていましたが、児玉選手から見て稲葉選手はどうでしょうか?
児玉「そうですね、あまりガッチリタッグを組むっていうのはあんまりなかったんですけど、結構普段は仲がいいというか。よくいろんなところに行ったりするんですけど、なんならこのスーツも一緒につくりに行ったぐらいですし。まぁ一緒の時期にベルトを獲って、団体の興行としてチャンピオンとして試合をしていくっていう同じような立場で、同じような、共通の悩みを持つことが多かったんですね。稲葉さんは毎大会メインを任されるようになってチャンピオンとしてのプレッシャーに押しつぶされそうな、試合前に裏で凄い顔になっている所を見ていて。僕もそんなようになることもあって本当に共通している部分が多くて。そこから最近は特に親密になっていったというか。とにかくNEW ERA発足してすぐ全員獲られちゃったんで、まだ大阪も残っていますけどここは2017年一発目、NEW ERAとしてバッと行くために二人でガッチリ獲りに行こうと思います」

――稲葉選手はお互いにもっていない部分を持っているとおっしゃっていましたが、具体的にどのような所だと思っていますか?
稲葉「やっぱり僕の方が力があるとは僕の中では思っています。で、児玉さんはやっぱり頭で凄く考えてプロレスをやってるなって。それは僕にはないなって思っていて。そういうのみてて、児玉さんと組んだら僕をうまくコントロールしてくれるんじゃないかと」
児玉「なるほど(笑)じゃあ僕は稲葉大樹を掌で転がす、と?(笑)」
稲葉「そうですね、転がしてもらって(笑)」

――お二人は今回組んで挑戦するっていう事を決めた決定的な理由というのはどういった理由だからでしょうか?
稲葉「そうですね、まぁいろいろ…ベルトを獲った時期も一緒とかもありますし…まぁ好きなんですよね、児玉さんの事、たぶん僕。だから組みたいっていう。すみません、なんか」
児玉「僕も好きです、大樹の事(笑)なんか公開告白みたいですね。まぁ普段から行動を共にすることが多いので、タッグ初結成?まぁガッチリ組むのは初めてなんですけど、なんかこうチームワーク的なことは問題ないかと。相思相愛なんで。チームワークの方は問題ないと思います」

――ちなみにお互いのどこが好きなんでしょうか?
稲葉「どこが?」
児玉「体つきですね」
稲葉「どこが…?なんか、私生活がだらしない所です」

――児玉選手はカズ選手、鼓太郎選手にはクルーザーの王座戦で勝利していますが、そのあたりについてどう考えていますか?
児玉「そうですね。稲葉さんと比べたら経験している分、どういうことをしてくるのかっていうのはわかるんですけど、タッグマッチとして、タッグのチームとしてどういう事をしてくるのかっていうのは経験がないのでそこは警戒するポイントではあると思います。でも各々の感じはわかっているので。こっちのタッグワーク見たらビビると思いますよ?こいつらただのタッグチームじゃないなって」
稲葉「もう一段階上の」
児玉「ただの仲いい二人じゃねぇなって。これなんかあるなって」

 NEW ERAを結成した直後にすべてのベルトを連合軍に奪われてしまったWRESTLE-1の若手軍。その筆頭でもあった稲葉は2冠王だったにもかかわらず、現在は無冠となってしまった。一方の児玉もクルーザー王者として難敵を退く続けるもMAZADAの前に敗北。両選手とも目標を見失っていた。しかし身軽になった今でこそ新しい挑戦ができる。気持ちを入れ替えた稲葉は早速児玉にタッグ結成を要請。児玉も呼応し、王座挑戦にこぎ着けた。WRESTLE-1の無差別級前王者とクルーザー級の前王者のタッグ。言ってみればNEW ERAの最強タッグといっても過言ではない。2017年一発目、NEW ERAの逆襲が始まる。

『WRESTLE-1 TOUR 2017 SUNRISE』
日程:2017年1月8(日)
会場:東京・後楽園ホール
開始:12:00

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負 ※変更カード
【王者】河野真幸
vs
【挑戦者】征矢学
※第10代王者は2度目の防衛戦

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組】カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)
vs
【挑戦者組/NEW ERA】稲葉大樹/児玉裕輔
※第7代王者組は3度目の防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第6第王者】MAZADA(東京愚連隊)
vs
【挑戦者/NEW ERA】アンディ・ウー
※第6第王者は初の防衛戦

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

月別

ページ上部へ戻る