1月5日のFMWはハードコアでいく! 大仁田厚vs田中将斗の師弟対決! ハードコアの原点・バンクハウスデスマッチに決定

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

11月末に発表された「さよなら大仁田」。
2017年10月に還暦を迎える大仁田厚が引退を表明したことで、大仁田の周りが騒がしさを増している。
雷神矢口に続き今度は田中将斗が名乗りをあげた。

田中は「さよなら大仁田」の引退ロードを歩み始めた大仁田に、電流爆破での師弟対決を希望していると伝えた。

これに対して大仁田は、

「大仁田厚の歴史の中で、一番俺のハードコアを受け継いでもらいたい人間が、田中選手だ。だから1月5日のFMW新木場大会は、ハードコアの試合にしようじゃないか。昔FMWのハードコアの試合をしていて、『大仁田さんはなんでGパン履いて試合やるの?』とおばさんに言われた。それを和歌山の試合会場で見た少年が、FMWに入門した。それが田中選手なんだ。思う存分、ハードコアで闘ってみたいと思う。いずれ田中選手とは電流爆破で闘うのもいいだろう。だがまずは、スクランブルバンクハウス、つまりハードコアの原点のスタイルで闘おうじゃあないか。」

これに対して田中は、

「ハードコアの原点は大仁田さん。大仁田さんのハードコアの試合のテープがアメリカに持ち込まれ、プロレス界にハードコアスタイルが知れ渡った。大仁田厚はハードコアのレジェンド。相手に不足は無いし、大仁田厚のハードコアの原点にぶつかってぶち破りたい。」
とコメントした。

さらに大仁田は、

「バンクハウスとは、あらゆる凶器が持ち込まれ、バケツの中には有刺鉄線バット、ギター、チェーンなどが入っている。お前も思う存分こい。俺も思う存分やる。」

と、師弟対決に意欲を示した。

「さよなら大仁田」の発表から1ヶ月。
今後も大仁田厚に影響を受けたレスラーからの対戦要求に、大仁田の周囲が慌ただしくなりそうだ。

超戦闘プロレスFMW1月大会「新春悪夢」
2017年1月5日(木)18:00試合開始
東京・新木場1st RING

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×