大仁田が全日本に「オレのルールで・・・」と爆弾! アジアタッグV1戦ボイコットも辞さず・・・

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『ファイヤープロレスin春日部~保坂秀樹凱旋!テキサスストリートファイト~』
日程:2016年12月9日(金)
会場:埼玉・ふれあいキューブ春日部
開始:18:30
観衆:未発表

▼第1試合 20分1本勝負
○寺尾利明 (アパッチプロレス軍)
7分8秒 バックドロップ→エビ固め
●櫻井匠(アパッチプロレス軍)

▼第2試合 30分1本勝負
佐野直/ワイルドセブン/○レザーフェイス
0分58秒 ハイキック→体固め
●パンディータ/佐瀬昌宏/ガッツ石島(ガッツワールド)

<再試合>
佐野直/ワイルドセブン/○レザーフェイス
6分54秒 ギロチンドロップ→体固め
パンディータ/●佐瀬昌宏/ガッツ石島(ガッツワールド)

▼第3試合 30分1本勝負
○小林香萌(WAVE/ASUKA)
7分54秒 フィッシャーマンズ・スープレックスホールド
●日向小陽(フリー)

▼第4試合 ~テキサスストリート・スクランブルバンクハウスデスマッチ~さよなら大仁田第1弾・雷神矢口~無制限1本勝負
○大仁田厚/保坂秀樹(フリー)/HASEGAWA
13分42秒、サンダーファイアーパワーボム→体固め
雷神矢口/橋本友彦/●バッファロー(先駆舎/鳥取だらずプロレス)

大仁田が全日本に「オレのルールで・・・」と爆弾! アジアタッグV1戦ボイコットも辞さず・・・

20161209oonita
 “邪道”大仁田厚が全日本プロレスに対し、爆弾を落とした。
 全日本はさる12月7日、17年の年頭興行となる1・2後楽園ホール大会で、第100代アジアタッグ王者の渕正信&大仁田に、秋山準&井上雅央が挑戦すると発表したが、これに、大仁田が噛みついた。
 ファイヤープロレス12・9埼玉・ふれあいキューブ春日部大会の試合後、大仁田は「秋山社長よ、よ~聞けや! 11・27両国(国技館)では、渕さんの顔を立てて、全日本のルールに従ってやったけど、今度はオレたちがチャンピオン。タッグだから半分はこっちに言う権利があるだろ! 次の防衛戦は渕さんや秋山社長が、どう言おうと、オレはオレのルールでやらせてもらう。オレは全日本を離れてから、FMWを旗揚げして、28年間、ハードコアというスタイルを確立させて、それが世界中に広がった。そのオレがチャンピオンである以上、オレのやり方でやる。その意向は、PWF会長のドリー・ファンク・ジュニアにも伝えたし、ちゃんと手順は踏んだつもり。ルールは近日中に発表する。それを全日本がのめないなら、防衛戦は拒否する」と全日本に通告した。
 大仁田が“邪道ルール”を要求するのは確実で、全日本及び、挑戦者のひとりでもある秋山社長が、どのような反応を示すか注目されるところ。

大仁田との一騎打ちをもくろむ矢口が「さよなら大仁田」第1弾で散る!

 11月29日の記者会見で、来年10月をメドに「さよなら大仁田、さよなら電流爆破」の開催を明らかにした大仁田。
それに対し、真っ先に対戦の名乗りを挙げたのが雷神矢口だった。これまで、両者はアフガニスタンで一騎打ちを行ったことこそあれ、国内では1度もシングルで対戦したことがない(化身対決は除く)。そこで、矢口は、「大仁田がやめるまでに、どうしてもシングルマッチをやりたい」と決起したのだ。それを実現させるためには、タッグ戦で大仁田を破る実績が必要だ。
12・9春日部で矢口は橋本友彦、バッファローを従え、大仁田&保坂秀樹&HASEGAWAと、テキサスストリート・スクランブルバンクハウスデスマッチで対戦。
 矢口は有刺鉄線バット、チェーンなどの凶器攻撃で大仁田を追い込むも、大仁田の毒霧噴射で形勢逆転。バッファローが大仁田のサンダーファイアーパワーボムで3カウントを聞き、勝利はならなかった。
「今日は負けたけど、オレはあきらめない。これからも大仁田を追い込んで、来年10月までに必ず一騎打ちを実現させてやる」(矢口)

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る