【会見】児玉の持つクルーザー級へ挑戦が決まったカズが「アグレッシブさ加減では絶対に負けません」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11月2日(水)東京・後楽園ホール大会にてWRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップを行うことが決定した王者・児玉裕輔と挑戦者・カズ・ハヤシが記者会見を行った。

児玉裕輔
「児玉です。先日の後楽園でジェイ・フレッディーから防衛しまして、その後の試合でカズ・ハヤシから挑戦表明を受けました。今、WRESTLE-1全体の流れとして、若手、若い奴らとベテラン。僕たち若手がドンドン上に上がっていくっていう流れが出来ているんですけど、僕もその流れとして、クルーザーのベルトを持つ王者としてこのクルーザーで上の人に勝ってドンドン上がっていくという意味でカズ・ハヤシは最高の相手だと思っています。11月2日の防衛戦も必ず勝って児玉裕輔の、クルーザー王者の力という物をしっかりと見せていきたいと思います」

カズ・ハヤシ
「若い若い若いと言って…若いから偉いのか。若いと何なのかっていうのを聞きたいなっていうのがあります。で、僕なりに若いっていうのは何かって考えたんですね。で、体力的なことなのか、経験値的なことなのか。…こう僕みたいにずっと経験を積んでくると、こういう風なことをしたらケガをするとか、こういう風になった時にパートナーに怒られるとか、こういう風になったらダメになるっていう経験。今までの経験で、前にダメなことをやってしまったからそこをよけてこうしようというか…良くなる近道を行こうとする。それが経験だと思うんです。で、若い人の良さっていうのはその経験がないから何も恐れず自分が思ったこと、感じたことをアグレッシブにできる所だと思うんですよ。じゃあ今若い若い若いって言ってる奴らにそのアグレッシブさがあるか?って。確かに俺は経験してきたことはたくさんあるけどまだまだまだ上を目指してますからね。失敗してもいいわ。ケガしてもいいわ。ベルトにだって挑戦するよ。そういう風なアグレッシブさ加減では絶対に負けません」

――児玉選手は今のカズ選手の発言についてどう思われますか?
児玉「自分も同じように思います。たとえ結果的に回り道になったとしてもそれがまた今後の糧になるという風に思うので。ただそういった事を恐れずにやっていくっていう事が大事だと思うんですよね。それができるっていうのもまた一つ大事なことだと思うんで。まぁ経験…カズ・ハヤシ、アグレッシブに行くって言ってますけど僕もアグレッシブさでは負けないと思ってるので。僕もドンドンクルーザーディビジョンのチャンピオンとして上に行きたいと思っています。アグレッシブさ、カズ・ハヤシに負けません」

――カズ選手は児玉選手のこれまでの王者としての戦いをどのように見ていましたか?
カズ「僕が児玉、チャンピオンに思う所は…リスペクトしています。若い若い…ただ若いって言えばみんないいかっていうかどうかは、僕はそうは思わない。その中で児玉選手は海外経験もしてその中で自分なりにもがき苦しんでやってきたっていう強さは戦いの中から見られるんですよね。そういう意味では僕は尊敬しているレスラーです。ただ、アグレッシブさ加減では俺の方が上だって自負していますね」

――ちなみにですが、カズ選手は児玉選手と同年代の時はどのような活動をしていましたか?
カズ「そんなの知らないよ(笑)児玉選手が何歳かも知らないもん」
児玉「29です」
カズ「あの、全日本プロレスに入った時ぐらいかな?同じだな、海外に出てって。同じような環境ですね。海外から帰ってきたっていうぐらいの時ですね」

――当時のカズ選手と比べて今の児玉選手はいかがですか?
カズ「知らないよ、俺は今を話してるんだから。昔の俺なんかどうでもいいの。昔よりもっともっとアグレッシブになってると思ってるから。負けないよ。アグレッシブさがなくなったらレスラーでもなんでもそこで止まると思ってるからね。後はそこまでの貯金で生きていくだけですよ。やっぱり人生生きていく上で、俺はプロレスに人生賭けているから。プロレス人生終わるまでずっとアグレッシブでいようと思っていますから。今がトップです。というか昔の事がよくわかっていないというか比べられないんで。自分の中で気持ちが萎えてないというか、次を生み出そうとしていく自分がまだあるわけですよ。そういう意味ではずっと変わっていないな、と思います」

――カズ選手の若さの秘訣とは何ですか?
カズ「秘訣かどうかはわからないけど、結局いつまでも追いかける姿勢っていう物があれば気持ちって萎えないと思うんです。本当にそれを諦めた時ややめた時が老いていく時なのかなって思っているんで。だからまだまだ僕は若いままです」

――児玉選手はカズ選手から若さを感じていますか?
児玉「むしろ…ぶっちゃけいうと若さしか感じないですね。ベテランだとは思うんですけど、年老いているとは思わないです。さっきもカズさんが言いましたけどプロレスラーってリングに上がっているうちは上を目指して走り続けていくっていうことが一番大事だと思うんです。それが出来なくなったらレスラーって死ぬ時だと思うんです。だから常に、僕がプロレスを始める前から第一線で活躍し続けているカズさん、今も走り続けているんですごく若いと思っています。僕もそうやってプロレス人生を歩んでいきたいと思っていますので、これをきっかけにドンドン上を目指す、そういう試合になればいいと思います」

『WRESTLE-1 TOUR 2016 AUTUMN BOUT』
日程:2016年11月2日(水)
会場:東京・後楽園ホール
開始:19:00

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】稲葉大樹
vs
【挑戦者】河野真幸
※第9代王者は2度目の防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】児玉裕輔
vs
【挑戦者】カズ・ハヤシ
※第5代王者は3度目の防衛戦

▼スペシャルタッグマッチ
武藤敬司/黒潮“イケメン”二郎
vs
竹下幸之介(DDT)/アントーニオ本多(フリー)

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る