ノーロープ有刺鉄線デスマッチの調印式に現れた高山に大仁田が岡山大会と広島大会の公開オファー

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 超戦闘プロレスFMWが6月14日、東京・水道橋で記者会見を開き、FMW軍代表・大仁田厚、UWF軍代表・高山善廣が出席。
 6・21後楽園ホールで行われる両軍の全面対抗戦は、3試合すべてが「ノーロープ有刺鉄線デスマッチ」で決行されることになったが、それを約束する調印書に両者、立会人のFMW・山近義幸代表がサインした。

 大仁田は「高山さんに指揮を執ってもらって、逃げるヤツがいないようにしてもらわないと・・・。急に当日になって、イヤだとか言われると、こちらもつらいんで。UWFにとって、オクタゴンみたいに仕切るのは、U系の関節技に有利だと思うんです。ある種、UWFにとって、条件はいいと思います」と持論を展開。
 高山は「別にUWFに有利とか関係ないと思います。お互いプロレスラー同士なんで」とコメント。
 そして、大仁田が「一切文句言わず、全選手、ノーロープ有刺鉄線デスマッチを受けるという条件で、お越しいただいたんですが、よろしんでしょうか?」と念押しすると、高山は「ハイ」とキッパリ。
 大仁田が「高山さんみたいに全部制覇した人とは・・・僕はいつも邪道ですから」と言えば、高山は「邪道も極めたら立派なものですよ、大仁田さん。極めた人は違いますよ。僕はしょせん全部つまみ食いですから」と発言するなど、終始、大仁田をよいしょしまくり、心理戦を展開。

 最後に大仁田は「船木(誠勝)さんに伝えといてください。今度俺らが勝ったら、覚悟は決めろよって。高山さんは覚悟を決めてると思うけど」と話し、6・21後楽園で勝利した場合は、電流爆破デスマッチまで追い詰めたい意向を示した。
 決戦まで、あと1週間。全試合「ノーロープ有刺鉄線デスマッチ」という、禁断の闘いまで、いよいよ待ったなしとなった。
 また、大仁田は高山に対し、「あなたには、この試合とは別に、7・17岡山、7・18広島に来てもらいたい」と両大会への参戦を要求。調印式の場での突然のオファーに、高山は戸惑いながらも、「ハイ」と受諾した。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る