大仁田が安生洋二氏に4・27後楽園での一夜限定復帰を要求!矢口はハヤブサさんの曲を熱唱

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 超戦闘プロレスFMW4・27後楽園で、FMW対UWFの全面対抗戦が行われることが決まっているが、FMW大将・大仁田厚は、引退した安生洋二氏(元UWFインター)が、UWF軍の“黒幕”だと断定し、同大会での“一夜限定復帰”を要求した。

 3・27新木場大会で、大仁田は保坂秀樹、ショーン・ギネスと組み、雷神矢口&橋本友彦&怨霊を挑戦者組に迎え、世界ストリートファイト6人タッグ選手権の防衛戦に臨んだ(ルールは有刺鉄線ボード公認凶器OKストリートファイト賞金6人タッグデスマッチ)。
 試合はストリートファイトマッチながら、珍しく大仁田と矢口のレスリングの攻防でスタートしたが、それも序盤だけ。大仁田と矢口はリング内外で激しくやり合った。大仁田は怨霊に机上パイルドライバーを決めるも、有刺鉄線ボードに投げられ、橋本にギターで脳天を叩かれ窮地に・・・。さらに、怨霊のパウダー攻撃を受けるも、毒霧で逆襲。大仁田はサンダーファイアーパワーボムを怨霊に見舞うが、カウントは2。ならばと、保坂がデスバレーボム2連発、ビルディングボムとたたみかけ、怨霊から3カウントを奪い、大仁田組が2度目の王座防衛に成功した。

 試合後、セミファイナルでのFMW対UWFの前哨戦で、那須晃太郎を一蹴した長井満也が花道に現れ、大仁田と対峙。長井は「俺はFMWに勝負かけに来てんだ。今日みたいなクソみたいなヤツで、お茶を濁してる暇はないんだよ。俺には、俺たちのプライドがある。オマエには、オマエたちの意地があるだろ? 4・27後楽園、オマエの用意したルールで闘ってやろうじゃねぇか。オマエたちの意地を俺たちのプライドで飲み込んでやる!」とアピールし、“邪道ルール”での対戦を受諾。

 控え室に戻った大仁田は、「こんなに船木(誠勝)が簡単に受けて、何だろうな?と思ったら、(裏に)安生がいたとはわからなかったな。安生に告ぐ! 4・27後楽園に来るんだったら、リングに上がれ! オマエの復帰戦のリングを用意する。一夜限定でも構わない」と、安生氏に復帰を要求した。
 続けて、大仁田は「安生、オマエもプロレスのアンチテーゼ。俺もプロレスのアンチテーゼ。はぐれ者だよ。プロレスの同じ穴のムジナとして、上がってこい! 俺はオマエの根性が好きだ。グレイシーに何回も挑んでいった。プロレス界の中でも認める一人だ。こんなにU系が結集するのは、おかしいと思ったら、安生がいたんだな」とコメント。
 長井の発言については、「長井が要求したものに対して、俺たちはいろんなものを用意するつもりがある。U系と呼ばれたUインター、藤原組、パンクラス、第2次UWF。全部の選手に告ぐ。根性据えてこい! 4・27は俺たちのリングだ。上がってこい、清い体で待ってる」(大仁田)として、受けて立つ構えだ。

ハヤブサメモリアルマッチ第1弾で“先輩”リッキーが熱闘

 3月3日に、くも膜下出血で急逝したハヤブサさんの「メモリアルマッチ第1弾」が組まれ、ハヤブサさんとは新弟子時代からの付き合いになるリッキー・フジが、かつて、ハヤブサさんと世界ブラスナックル・タッグ王座も巻いた池田大輔(フーテン・プロモーション)と対戦。
 試合はリッキーがヒップアタックを見舞ったところを、池田が大ちゃんボンバーで迎撃。間髪入れず、スクールボーイで丸め込んで、池田の勝利。
 試合後には、ハヤブサさんの遺影を抱いたRayもリングに上がり、一部の選手がリングを取り囲んで故人を偲んだ。
「急なんで、まだ実感がないんだけど、盟友の大ちゃんが来てくれて・・・。20年、よく闘ったり、組んだりしたね、ハヤブサの分まで、俺たちが頑張ることで、アイツも喜んでくれると思う。体はないかもしれないけど、アイツの心は、みんなの心の中にいますんで」(リッキー)
「FMWでは血まみれ、酒まみれでした」(池田)

☆悪性脳腫瘍により、放射線治療を始めたRayが、入院先の病院から外出許可を得て来場。オープニングであいさつし、Rayの「お楽しみはこれからだ!」で試合開始。
☆FMWに定期参戦が決まったLeon(JWP)は、雫有希(マーベラス)と一騎打ち。一進一退の攻防の末、15分時間切れドローとなった。
☆試合開始前、ハヤブサさんとともに音楽活動をしていた矢口が、ハヤブサさんの曲である「YELL〜君に届くように〜」「頑張っているあなたに」の2曲を熱唱。「こんなに素晴らしい曲がたくさんあるんで、俺はこれからもハヤブサ選手の曲を歌って生きたいと思います」(矢口)

超戦闘プロレスFMW「雪解けのカルナバル」最終戦
『FMW選手会興行~ハヤブサを送る会~』
日程:2016年3月27日(日)
会場:東京・新木場1stRING
開始:12:00
観衆:280人(満員)

▼シングルマッチ15分1本勝負
△Leon
15分 時間切れ引き分け
△雫有希

▼シングルマッチ30分1本勝負
○W★ING金村
7分17秒 金の字フラッシュ→体固め
●HASEGAWA

▼バトルロイヤル(7人参加) 時間無制限
【退場順】レザーフェイス→木更津ピエロ→ワイルドセブン→菊タロー→パンディータ→雷電
○戸井克成
12分27秒 バックドロップ→エビ固め
●雷電

▼ハヤブサメモリアルマッチ第1弾 45分1本勝負
○池田大輔
7分47秒 横入り式エビ固め
●リッキー・フジ

▼FMWvsUWF前哨戦 60分1本勝負
○長井満也
10分54秒 腕卍スープレックス<仮>→体固め
●那須晃太郎

▼FMW認定世界ストリートファイト6人タッグ選手権~有刺鉄線ボード公認凶器OKストリートファイト賞金6人タッグデスマッチ 時間無制限1本勝負
【王者組】大仁田厚/○保坂秀樹/ショーン・ギネス
17分30秒 ビルディングボム→エビ固め
【挑戦者組】雷神矢口/橋本友彦/●怨霊
※第4代王者組が2度目の防衛に成功

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る