ガッツワールドが全対戦カードと見どころを発表!吉野が雁之助と王者挑戦をかけシングル!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『ガッツワールドvol.95 WRESTLE ANGEL 2016』
日程:3月22日(火)
開始:19:00(開場:18:30)
会場:東京・新木場1stRING

▼ハヤブサさん追悼セレモニー
全試合開始前、ミスター雁之助以下所属選手全員がリングに集まり、ハヤブサさんを追悼するテンカウントゴングを行います。

▼YOUNG WAR 30分1本勝負
大谷譲二
vs
岩崎孝樹(DNA)

 今大会でデビュー1周年を迎える大谷。最近は他団体の若手選手との対戦が続いているが、今回はDNAから岩崎考樹が参戦。先月対戦したDNA出身で現在BASARAの中津良太とはバチバチとした試合を展開した大谷が、岩崎を相手にどんな試合を行うのか注目である。

▼新木場異次元対決!vol.2 30分1本勝負
ドレイク森松
vs
ASUKAMA(カマプロ)

 先月パピヨン朱美を相手に全女イズム爆発的な試合を行い大好評だった森松。今回は世界のASUKAMAと対戦。2ヶ月連続で異次元対決に臨む。

▼悪魔道雄 vs トンパチマシンガンズ 45分1本勝負
[悪魔道雄]ガッツ石島/影山道雄(チームでら)
vs
[トンパチマシンガンズ]折原昌夫(メビウス)/梁和平

 ガッツ&影山が悪魔道雄としてのタッグを始動。初戦の相手は折原&梁のトンパチマシンガンズ。ガッツと折原は久々の対戦となるだけにその先の展開も含めて楽しみな一戦である。また影山にとってもレジェンドである折原との遭遇は財産になる可能性が高く、勝敗以外にもいろいろと楽しめる要素がありそうだ。

▼VIOLENCE FIGHT 30分1本勝負
マスクドミステリー
vs
[トンパチマシンガンズ]アミーゴ鈴木(フリー)

 折原昌夫とのシングルマッチ実現を目指しているミステリーが、トンパチマシンガンズのナンバー2であるアミーゴ鈴木とシングル対決。ミステリーは絶対に負けられない試合だが、かつてミステリーがいたポジションにいるアミーゴにとってもミステリーに勝つことで、折原の信頼を得たいのは間違いない。勝つのは頂点を目指すミステリーか?それともリーダーをサポートするアミーゴか?

▼GWCチャンピオンズ vs IWA軍 60分1本勝負
ダイスケ/翔太/新井健一郎(DRAGON GATE)
vs
バッファロー/松田慶三/YUJI KITO

 2年前の5月に行われた西調布大会で、バッファローが改名後初戦の相手を務めたダイスケだが、大流血させられた上に実質KO負けと言ってもいいくらいの完敗を喫している。そのときの事が今でも忘れられないというダイスケが、後楽園大会の前にバッファローとの再戦を実現するために、ガッツマット追放が決定的となっていたIWA軍にバッファローのブッキングを依頼。ハッとしてgood!も巻き込まれる形で、豪華な6人タッグが決定した。ダイスケとアラケンが同じコーナーに立つのは初めて。GWCシングル王者になってから6度の防衛に成功し、絶対王者として5.8後楽園大会のメインで防衛戦を行うことが発表されているダイスケにとって、バッファロー相手にどこまで成長を見せることが出来るのかがポイントになる。IWA軍にとってはさらなる継続参戦をするためにもチャンピオントリオにひと泡吹かせたいところだろう。

▼GWC認定シングル王座次期挑戦者決定戦 60分1本勝負
ミスター雁之助
vs
吉野達彦
※勝者は5.8後楽園大会メインイベントで王者ダイスケに挑戦

 達彦から執拗なほどにシングル対決を要請されてきたものの「今やる意味がない」と固辞していた雁之助だが、先月の大会で折原を相手にGWCシングル王座を防衛したダイスケが、5.8後楽園大会での防衛戦は所属選手とやりたいと発言すると、真っ先に名乗りあげた。その直後に達彦も挑戦表明をしたため、雁之助は「これでお前とやる意味ができた」とシングルマッチによる次期挑戦者決定戦を提案。世代を超えたシングルマッチが実現する運びとなった。2年前の10.12後楽園大会ではメインで当時アラケンが保持していたGWCシングル王座に挑戦し、奪還に成功した達彦と、同大会で現役復帰をした雁之助。5.8後楽園大会で絶対王者ダイスケの対角線に立つのはどちらになるのだろうか。この試合が終わったとき後楽園のメインカードが決定する!

(記事・写真提供/ガッツワールド)

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る