小川が大地に親父にやられた顔面蹴り!藤田の怒りが爆発!まさかのバンナ登場の中、イングランド代表トンプソンがIGF Wold GP優勝

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
2015-12-31猪木祭り両国大会①

12月31日、東京・両国国技館で行われたイノキ・ゲノム・フェデーション『INOKI BOM-BA-YE2015』。いわゆる“総合格闘技ルール”のIGFルールと、いわゆる“プロレスルール”のGENOMEルールの試合が同じ大会の中で行われるIGFらしい大会。

メインイベントは「格闘技のワールドカップ」と銘打って今年IGFが開催したIGF World GP 2015トーナメント決勝戦。全8か国から出場した世界の強豪の中から、決勝まで勝ち上がってきたのはブラジル代表のフェルナンド・ロドリゲス Jr.とイングランド代表のオリィ・トンプソン。
2015-12-31猪木祭り両国大会②特別立会人として、当初この日は埼玉のRIZINでバルト(把瑠都)のデビュー戦の相手を務める予定だったジェロム・レ・バンナが登場。ロドリゲス Jr.が飛びヒザ蹴りでトンプソンをコーナーまで追い詰めると左右のパンチを振り回していく。何発か顔面にもらってしまい後退するトンプソンだが、咄嗟に出たアッパーがカウンターでクリーンヒット。その場で崩れ落ちたロドリゲス Jr.を見てレフェリーが試合をストップ。
大逆転勝利でIGF World GP 2015で優勝したトンプソンをバンナも笑顔で祝福し、2億円ベルトを贈呈。最後はバンナも一緒に108個のサインボール投げをして大会を締めくくった。

2日前のRIZINさいたまスーパーアリーナ大会で桜庭和志に1ラウンドTKO勝利を収めた青木真也は、227cm・175kgのモンターニャ・シウバとGENOMEルールで対戦。向かい合った瞬間、場内からどよめきが起こるほどの身長差。いきなり殴りかかってきたシウバに対し、青木は一旦場外に逃げる。慎重にリングに戻るが、シウバは巴投げで豪快な投げ飛ばすが、再び場外に出た青木はリング下からシウバの足をすくって倒すと、リングに戻って腕十字を狙う。
だが、極めさせないシウバはネックハンギングで吊り上げてからマットに叩き付ける。しかし立ち上がった青木はシウバのドロップキックをかわして自爆させると、背後に回ってスリーパーホールド。これがガッチリと極まってタップしたシウバ。青木はそんなシウバを挑発すると走って引き上げていった。

かつて新日本プロレスで壮絶なライバルストーリーが展開された故橋本真也と小川直也だが、月日を経て橋本二世の橋本大地と小川が“破壊王没10周年記念試合”としてGENOMEルールで対戦。奇襲攻撃を仕掛けていった大地は場外に出た小川を追いかけて張り手を見舞っていくが、これにブチ切れた小川は強烈な張り手を返すと、大地のアゴにハイキック。
リングに戻ってからも敢えて大地の攻撃を受け止めてから張り手を返し、倒れた大地の顔面を踏みつけていった小川は、掌底のような張り手をブチ込むと、立ち上がろうとする大地の背後から顔面蹴り。
2015-12-31猪木祭り両国大会④大地の父がプロレスデビュー間もない小川をKOした小川は「大地! 親父からのメッセージだ、この蹴りは。心に刻んでおけ! それからその髪の色、どうにかしろ!」と一喝。さらに次の試合の藤田和之が入ってきて、不甲斐ない試合をした大地を制裁。大地も朦朧としながらも殴り返そうとするが、鬼の形相で殴り倒す藤田を見て、思わず小川が止めに入る。

大地を場外に放り出し、怒り心頭のまま千葉県我孫子市の市議会議員選書に当選したばかりの澤田敦士と4度目の対戦に突入。背中に「我孫子」と書かれた柔道着姿で試合に臨んだ澤田に、応援団からは「我孫子」コールが起こる。文字通り我孫子市を背負ってリングに上がった澤田は張り手とエルボーで攻撃してくる藤田の鼻っ柱にヘッドバット。さらにキレのある払い腰とバックロップで投げてみせたが、顔面へのグーパンチで鉄拳制裁した藤田は、鼻血を出した澤田の顔面を下から蹴り上げてKO。逆転負けとなった澤田は担架で運ばれるほどのダメージ。今後の公務に影響が出なければいいのだが……

2015-12-31猪木祭り両国大会③真っ白な袴姿で登場したアントニオ猪木会長は、「人前では政治と女の話をしない!」と言と宣言すると、テーブルの上に置かれてあった“金粉が振りかけられた米”を見て「これ、キンコメって言うんだろ」。さらにその横に置かれたリュックの中を開けながら「おいおい制服が入ってんじゃないだろうな?」とアントンジョークを炸裂させる。
そして巨大な色紙に「金米」と書いて「相方の今野君って言ったっけ? まぁ人生いろいろあるからな」と相方の不祥事でコンビ解散に見舞われた元キングオブコメディの今野浩喜にエールを送ってから「来年もいい年でありますように! 1、2、3、ダー」と、景気よく拳を突き上げた。

総合格闘技イベント『GRACHAN』にまで乗り込んでいって山本勇気に喧嘩を売った奥田啓介は、黒いショートタイツに素足という格好でIGFルールに臨んだ。開始早々タックルを狙ったところをガブって止めた山本がそのまま奥田の頭部にヒザ蹴りを連打。コーナー際まで後退した奥田は、完全に効いてしまっていたため座り込むようにダウン。その瞬間、レフェリーが試合をストップ。
完勝だった山本は「これが現実だよ奥田。でもお前の気持ちは本当に分かったし、お前とやれてよかった。お前を倒したから……オイ、青木真也! 俺はお前に負けたと思ってない! お前に気持ちがあるならもう1回俺とやってくれ!」と1年前に敗れた青木真也への再戦を要求した。

熊の被り物をして愛らしく踊ってみせるクリス・バーネットへのリベンジ戦に挑んだ鈴川慎一は、積極的に打撃を出していったが、組み付いたバーネットは投げてテイクダウンを奪うと、上からパウンドを打ち下ろす。150キロを超すバーネットに上になられては鈴川は身動きを取ることも出来ずパンチを浴び続けてしまい、レフェリーが試合をストップ。返り討ちに成功したバーネットは勝利のダンスを披露した。

オープニングマッチでは那須晃太郎vs.柴田正人という“U-FILE CAMP”出身者によるGENOMEルールのシングルマッチが行われ、圧倒的な体格差にもかかわらず那須は稲妻レッグラリアットやバックドロップで食らい付く。しかし豪快な投げ捨てジャーマンからのビッグバンクラッシュ(=リバーススプラッシュ)で柴田が那須を圧殺した。

INOKI BOM-BA-YE2015
日時:2015年12月31日(木)
開場:15:00 開始:16:00
会場:東京・両国国技館
観衆:6239人

▼第1試合 INOKI BOM-BAyYE OPENING FIGHT(GENOMEルール)20分1本勝負
●那須晃太郎
7分 41秒 ビッグバンクラッシュ→片エビ固め
○柴田正人

▼第2試合 GENOMEルール 20分1本勝負
●将軍岡本
5分51秒 ライガーボム→片エビ固め
○王彬(ワン・ビン)

▼第3試合 IGFチャレンジ NEXT 2016(IGFルール:ライト級70.3kg)5分2R
○山本勇気
1R 0分26秒 KO
●奥田啓介

▼第4試合 IGFリベンジ Remember2014(IGFルール:オープンウェイト)5分2R
○クリス・バーネット
1R 1分44秒 KO
●鈴川真一

▼第5試合 BOM-BA-YEスペシャルマッチ(GENOMEルール)30分1本勝負
●モンターニャ・シウバ
3分7秒 スリーパーホールド
○青木真也

▼第6試合 暴走王vs破壊王 破壊王没10周年特別試合(GENOMEルール)60分1本勝負
○小川直也
3分14秒 レフェリーストップ
●橋本大地

▼第7試合 GENOMEニューイヤーズイブ スーパーマッチ(GENOMEルール)60分1本勝負
○藤田和之
6分8秒 レフェリーストップ
●澤田敦士

▼第8試合 IGF World GP ファイナル(IGFルール:オープンウェイト)5分3R
●フェルナンド・ロドリゲス Jr.
1R 2分8秒 KO
○オリィ・トンプソン
※トンプソンがIGF World GP2015チャンピオンおよび第5代IGFチャンピオンシップ王者となる。

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る