子宮頸がん啓発のため、世界プロレス協会がティール&ホワイトリボンプロジェクトを支援

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

デビュー20周年を迎えた世界プロレス協会の上林愛貴は、20周年と結婚を機にプロレスを通して伝えたいこと2つあるという。
そのうち1つが上林自身も患った“子宮頸がん”の予防・検診の普及。また、疾患治療情報の啓発として、自らの経験を活かしたサポートをしたいという。

そこで上林は11月24日、都内にあるNPO法人キャンサーネットジャパンを訪問し、今後の支援方法などの話し合いを行った。
これにより世界プロレス協会の12月31日新木場1stRING大会より『ティール&ホワイトリボンプロジェクト』のロゴ入りポートレートやグッズを販売。その売上金の一部を寄付するほか、会場でのリーフレット配布、子宮頸がん啓発グッズの販売、トークショーやイベントなどで“子宮頸がん”の正しい知識の普及をして行く方針を固めた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×