大仁田がデビュー40周年記念興行第1弾となった7.25袖ヶ浦で爆破王ベルトを死守!高山との抗争が再燃

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

“邪道”大仁田厚が自身のデビュー40周年記念興行第1弾となった超花火プロレス7月25日千葉・袖ケ浦市臨海スポーツセンター大会で、爆破王のベルトを死守した。
同大会での40周年記念試合で、大仁田は田中将斗、保坂秀樹と組み、高山善廣&NOSAWA論外&レザーフェイスと電流爆破バットデスマッチで対戦。通常、電流爆破バットデスマッチで使用されるバットは2本だが、この試合では倍の4本に増やし、40周年にちなんで火力は40倍にされ、2つの有刺鉄線ボードもデスマッチアイテムに追加された。

さらに、大仁田は6人タッグながら、変則的に爆破王のタイトルを懸けることとし、勝利を奪った選手がベルトを巻くことになった。
高山組はフレディ・クルーガーを加えた4人で入場し、急遽3対4のハンディ戦に変更された。

2015-7-25超花火プロレス袖ヶ浦大会②最初に爆破バットの餌食になったのは大仁田だった。高山がぶん回したバットで被爆した大仁田は、続けて、高山と論外のサンドイッチでのバット攻撃でダブル被爆し、大きなダメージを負った。しかし、死力を振り絞って立ち上がった大仁田は、田中、保坂の好アシストもあり、論外を捕獲し、サンダーファイアー一閃。さらに、バットをフルスイング。被爆した論外を大仁田が押さえ込んで3カウントを奪い、自身の40周年記念試合を勝利で飾るとともに爆破王のベルトを守った。
大仁田は大熱狂のファンに向かって。「袖ヶ浦の皆さんは熱いな! 袖ヶ浦がこんなに熱いとは思わなかった。ありがとよ! 俺が爆破王じゃ!」と絶叫。

サイン会を終えた大仁田は、「高山との闘いは終わったと思ったけど、また始まったな。今日は田中のアシストがなかったら、俺はフォールを取られたかもしれない。7.31新木場(超戦闘プロレスFMW)では、高山を葬り去るくらいのつもりでやらないと、こっちがやられてしまう」と、高山との抗争再燃に気を引き締めた。
「今、たぶん日本で一番試合をしてる男だと思う。その自負がある。これだけたくさんのマスコミの皆さんが来てくれて心からありがとう。新日本プロレスが全部とはいわないが、大都市中心でやるなら、俺らは地を這ってでも、地方の至るところ、津々浦々に爆破バット、ファミレスを届けに参ります」と大仁田。

2015-7-25超花火プロレス袖ヶ浦大会③また、大仁田は「地方で40周年試合をやったのは、僕らの姿勢。地方もまだまだ生きてるんだよってのを知らしめたかった。ただ、東京で待ってくれてるファンもいる。次の40周年記念大会(超戦闘プロレスFMW8.24新宿FACE)、ターザン後藤出てこい! 俺から会いに行くって、言っておいてください」とも語った。
記念すべき40周年記念試合第1弾を白星で飾った大仁田。その目は7.31新木場での高山との再戦、8.24新宿で邂逅したい後藤に対して向いた。

超花火プロレス
日時:2015年7月25日(土)
開始:18:30
会場:千葉・袖ケ浦市臨海スポーツセンター
観衆:未発表

▼第1試合 8人タッグマッチ 30分1本勝負
茂木正淑/○ジェイソン・リー/袖ヶ浦くま/ワイルドセブン
9分2秒 トラースキック→片エビ固め
グレート・タイガー/●袖ヶ浦KID/磐城利樹/ギャングスター

▼第2試合 火祭りAブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
○将火怒【2点】
12分24秒 コマネチ→片エビ固め
●小幡優作【0点】

▼第3試合 火祭りBブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
●TARU【0点】
9分13秒 パワーボム→エビ固め
○ジェームス・ライディーン【4点】

▼第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○大谷晋二郎/横山佳和
16分48秒 ミサイルキック→エビ固め
崔領二/●ブッファ

▼第5試合 大仁田厚デビュー40周年記念試合〜火力40倍電流爆破4WAYバット3対4ハンディキャップタッグデスマッチ〜爆破王選手権 時間無制限1本勝負
[王 者]○大仁田厚/[挑戦者]田中将斗/[挑戦者]保坂秀樹
18分14秒 爆破バット攻撃→片エビ固め
[挑戦者]高山善廣/[挑戦者]●NOSAWA論外/[挑戦者]レザーフェイス/[挑戦者]フレディ・クルーガー
※第2代王者・大仁田が2度目の防衛

【記事提供/超花火実行委員会】

Gタイガーが大仁田のクビを執ように狙うリアルジャパン・プロレスのマットで、同団体コミッショナーである榛葉賀津也参議院議員を巡り、大仁田と遺恨が深まっているグレート・タイガーが、初めて大仁田のフィールドに乗り込んできた。
いてもたってもいられなかったか、グレートは大仁田の控え室を急襲し、その胸ぐらをつかんで威嚇。あわや乱闘寸前となった。
大仁田は6.11後楽園で初代タイガーマスクに対し、電流爆破デスマッチを要求し、9.18後楽園までに回答するよう求めたが、心臓疾患を抱える初代タイガーは復帰時期がまだ確定しない状況。グレートの実力行使で、9.18で大仁田と再戦する可能性が急浮上した。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る