VKF 7.13新木場大会 バッファロー&くいしんぼうvs.松田&木藤、GENTAROvs.矢郷

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

VKFプロレスMONDAY NIGHT ”Brawl”!
“マンデーナイト・ブロール”シリーズ
日時:2015年7月13日(月)
開場:19:00 開始:19:30
会場:東京・新木場1stRING
観衆:117人

▼第1試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○政宗/進祐哉
11分35秒 逆エビ固め
服部健太/●川島真織

▼第2試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○翔太
8分02秒 アレックスの丸め込みを押さえ込み→片エビ固め
●アレックス・リー

▼第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○真霜拳號
11分34秒 無道
●兼平大介

▼第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○ヤス久保田
9分30秒 リングアウト
●タンク永井

▼第5試合 シングルマッチ 60分1本勝負
○GENTARO
15分42秒 首四の字固め
●矢郷良明

▼第6試合 タッグマッチ 60分1本勝負
バッファロー/○くいしんぼう仮面
16分58秒 くいしんぼうドライバー
松田”KING”慶三/●デッドボール木藤

第1試合

2015-7-13VKF新木場_第1試合VKF初参戦の花鳥風月 川島真織&服部健太。
対するはメキシコから戻ってきた政宗と進裕哉。
まずは進と川島のグラウンドから試合は開始。
政宗と服部にチェンジすると、両者ともテクニカルなグラウンドの攻防へ。
今度は政宗と進が交互に川島へボディスラムとサッカーボールキック。
川島はその攻撃に耐え、ようやく服部とチェンジし服部が攻め込むも最後は政宗の逆エビ固めで川島がギブアップ。

第2試合

2015-7-13VKF新木場_第2試合翔太がナックル攻撃や髪をつかむなどのラフな攻撃を繰り返す。
会場中が翔太へのブーイングが響く。
アレックスもトラースキックや間接技で攻めこみマヒストラルで勝負に出たが翔太がこれを潰して丸め込み3カウント。

第3試合

2015-7-13VKF新木場_第3試合HEAT-UPから兼平大介が初登場。
真霜とのシングルマッチとなった。
激しいエルボー合戦、タックル合戦と真霜相手に一歩も引かない兼平。
兼平が膝関節を狙うと真霜が肘関節を狙うも、痛めた肘を中心に一方的な真霜の攻撃へと移る。
兼平が張り手を繰り出すと、真霜は笑ながらもっと来いと力の差を見せつけんばかりにエルボーで返す。
ローリングエルボーからフェースバスターとスピードで真霜を牽制するも最後は無道で真霜が勝利。

第4試合

2015-7-13VKF新木場_第4試合ヤスは青柳館長譲りの道着を来て入場。
ヤスがスワントーンボムを繰り出すもタンクはそれを避けるとスピアを放つ。
戦場を場外に移し椅子を使った攻撃へ。
場外カウントが取られるなかカウント18でタンクがリングインしようとしたところ、ヤスが低空ドロップで再びタンクを場外へと蹴り飛ばし、ヤスがリングアウト勝ち。

第5試合

2015-7-13VKF新木場_第5試合約2年ぶりのシングル対決。
開始直前、矢郷のハイキックでGENTAROがダウン。
グラウンドの攻防で互いに関節を取り合う。矢郷が隙をついてGENTAROへの容赦ないキック攻撃に2度目のダウンカウント。
ようやくGENTAROがバックドロップを連続で繰り出すもカウントは取れず。
執拗に関節を取りつつ、キャメルクラッチで応戦するGENTARO。
それに耐えた矢郷はGENTAROの肘関節を取りにかかるもお互い忍耐力の勝負になる。
矢郷が殺人コブラツイストをかけようとするも、それを阻止したGENTAROはスリーパーをしかける。
脱力した矢郷をGENTAROがカバーするも寸前ではねのける矢郷。しかし、首四の字固めで矢郷が締め落とされ、レフェリーストップによりGENTAROが勝利。
試合後、白熱した試合に我を忘れていたGENTAROはしばらくリング上に留まりマイクで「矢郷さんは俺の、俺の大親友だ!」と叫び控室へと戻った。

第6試合

2015-7-13VKF新木場_第6試合IWAジャパンの亡霊はリングに登場するや「○岡くん、嫁さん元気? ん? 会場とかにいんじゃないの? いいじゃん世間話させてよ。ねぇ。○岡くん、家にいるなら鍵とかけてないと危ないんじゃないの? さぁ、試合はじめよう。」と松田のマイクから試合は開始。
会場がくいしんぼうコールと○岡コールが交差する。
くいしんぼうが木藤へと攻撃しようとした瞬間、突如松田がマイクをとり、「○岡君、花道から聞き覚えのある声が聞こえませんかーー?」
すると花道に顔を隠したくいしんぼう仮面の嫁らしき女性の姿が……
完全に動揺するくしんぼう仮面。場外乱闘から、くいしんぼうが攻撃に移ろうとすると、花道に先ほどのくいしんぼう仮面の嫁らしき女性を真霜が連れてくる。
真霜はその女性をいすに座らせると、なんとキックを見舞う。
松田が「○岡くん、大阪では試合中に歌ってんだろ? 東京でも歌ってくれよ!」と歌を強要。嫁を人質に獲られた、くいしんぼう仮面は大黒摩季の「ららら」を歌いだす。
松田さらにバッファローにも歌えと強制すると、「これが身内を人質に取られると言う事か……」とリングセンターで2人で歌いだす。
なんとか反撃に転じた、くいしんぼう仮面は嫁を助けるため花道へ。
が、しかし助け出した嫁さんと思われた女性は実はアレックスだった。
それに激怒したくいしんぼうは怒涛の反撃に出る。
最後はくいしんぼうドライバーでデッドボール木藤から3カウントを奪った。

エンディング

バッファロー「もーこんな無意味な抗争はやめてIWA同窓会興行とかやらないか?」と松田と木藤に提案。
場内はからはIWAコールが起こる。
これでこの抗争も終焉かと思われたが……
松田&木藤がバッファロー&くしんぼうを襲撃。
ダウンする2人に松田が「おい、IWAの亡霊はまだいるんだよ!!」と次回大会で平野勝美投入を予告。

VKFプロレスは
7.26 24時間プロレス(4:30試合開始)
8.16 サマースラム2015 (大阪大淀CS 13:00試合開始)
を経て9/14マンデーナイトブロール(新木場stRING 19:30試合開始)からの3クール目に突入する。

<矢郷良明GM総括>
7.13 VKFプロレス Monday Night Brawl 新木場大会に御来場くださった皆様ありがとう。
そして会場には行けなかったけどVKFを応援してくださる皆もありがとう。
今大会は一つのターニングポイントだったと思う。

着実に御来場してくださる方々も増え、どの試合もVKFのリングだからこそ産まれた、VKFならではの良い試合だったと思う。
そしてVKF自体も、もう一つ上のステージに上がる機運が産まれつつある。
反骨心を燃料にコツコツとやって来たことが少しづつ結実してきた。
応援してくれるお客さんにも、スタッフにも、そして選手にも感謝したい。ありがとう。

今大会からニューカマーが登場してくれたので、自分の試合までバックステージで観ていたが、まず第1試合に出場した花鳥風月の服部健太選手、川島真織選手。
服部健太選手はやはりよい選手で、技や動きだけでなく、細かい所作まで気配りしたハイレベルな選手である。
川島真織選手もデビュー間もないが、闘う姿勢が前向きで有望な選手だった。花鳥風月さんはプロレス業界の中でも”我が道を行く”姿勢がVKFと似ており共感しているので、これからも花鳥風月さんの選手はVKFに参戦していただきたい。

そしてHEAT-UPから兼平大介選手が参戦してくれたが、これまた良い選手で総合格闘技出身であるがその出自に頼らず、”プロレスで勝負したい”という雰囲気が溢れており、レガースを付けずリングブーツを履いているのも気に入った。
また試合も真霜のアニキ相手に臆することなく向かっていき、好勝負になり、久しぶりに大型の良い若手選手が現れたと思った。VKFでタンク永井選手やヤス久保田などとガンガンやるとよいんでないかな。

あとは翔太vsアレックス・リーは面白かった。
男子・女子マッチだというのを感じさせないし、勝敗も最後まで読めなかった。

そして私とGENTAROのシングル。
矢郷良明とGENTAROはVKFで何度かシングルで闘い、その度にVKFの座標軸となるような試合になったが、今回も我ながら「VKFとはなにか?」の根幹を垣間見せることができた試合だったと思う。本当にGENTARO選手は素晴らしい。
私の大事な友人である。
だけども2人は闘うことで、お互いが思う”プロレス道”を探究しているで、まだまだ互いに赤コーナーと青コーナーに立つことになるだろう。

今回の試合は私がスタートで放った右ハイキックがかなりの脚ごたえがあり、絶対に立てないと思ったが、ダウンカウント9で立ち上がってきたのにビックリした。
あと左のミドルキックをフルスイングで蹴って直撃させたがダウンカウント取られながらもまた立ってきた。
オマケに首4の字固めで私を落としたのだから、GENTAROは相当凄いよ。
でも必ず借りは返すよ。

客観的に観たら前衛芸術的な試合だけど、GENTARO選手も私も常々思い、口にしてるのは「プロレスは闘いである」ということで、それを2人で体現できたと思う。
若い選手達にも、業界ズブズブの選手様方にも、なにか伝わればよいかなとオッサン達は思うよ(笑)

で、メインは観てないんだけど、控室に歌声が聴こえてきて、「相当狂ってんな」と思ってたんだけど(笑)さすが松田KING慶三、デッドボール木藤、彼等なくしてIWAジャパンの亡霊復活はなかった。
このVKFで産まれたIWAジャパン復活祭、とことん行って欲しいね。
バッファロー、くいしんぼう仮面があんなに輝いてるのは関西方面以来じゃないかな(笑)

というわけで次回VKFは7.25の24時間プロレス・新宿FACE大会にて、日付け変わって朝の4:30から登場!本当に矢郷は会場に来るかも注目!
そして、8.16はVKF大阪大会!そしてそして9.14はVKFプロレス Monday Night Brawl 新木場1stRING大会定期戦!
お見逃しなく!
ヨロシクどーぞっ

【記事提供/VKFプロレス】

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る