DDTが浅草花やしき座でFC限定興行を開催!KO-Dタッグ王者対決や元豚ingの3WAYが実現

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

10月18日(土)、東京・浅草花やしき内の花やしき座でDDTプロレスリングが、初のファンクラブ限定興行『DRAMATIC FANCLUB限定興行vol.1〜花やしき座で僕たちと握手❤︎〜』を開催した。
基本的にはDDTのファンクラブ会員しか観戦が出来ないプレミアム興行ということで、花やしき座には超満員となる250人ものDDTファンが足を運んだ。

ダークマッチでは11.28北沢タウンホールでのDNA旗揚げ戦でデビューする中津良太と岩崎孝樹、樋口和貞と梅田公太がそれぞれ5分1本勝負のエキシビションマッチを行った。2つともまだデビュー前とは思えぬ堂々とした闘いっぷりで、DNAへの期待値をあげた。

事前に対戦カードは発表されず、選手の入場曲が鳴った時点で誰が出て来るか分かるという仕組み。そのため、松永智充と中澤マイケルが出てきた時点で両者のシングルマッチかと思ったら、伊橋剛太も出てきて元豚ingの3WAYマッチだったという試合も。
佐々木大輔とのゴールデン☆ストームライダーズで高木三四郎&平田一喜と対戦した飯伏幸太。場所で花やしきで飯伏と高木が対戦となれば、当然戦場はリング上だけという展開にはならない。花やしき座を出ようとするが、松井レフェリーが「出ちゃダメだって!」と必死に制止。しかし佐々木に肩車されたところを、飯伏が2人まとめてジャーマンで投げようとする正気の沙汰とは思えない展開になったところで、平田があの曲を要求。
花やしき座にあの曲が鳴り響き、平田がダンスをGOしている最中に高木、飯伏、佐々木の3人は揉み合うようにして花やしき座の外でに出てしまう。土曜日の昼間ということで、遊園地にはたくさんの親子連れがいたため、突然のプロレスラーの大乱闘にビックリ! だが、パンダカーに乗った飯伏がムーンサルトアタックを発射すると、思わず「すごーい!」という声もあがった。

2014-10-18_入江&遠藤vs石井&竹下さらにファンクラブ限定ということもあり、現KO-Dタッグ王者チームの竹下幸之介と遠藤哲哉、元アジアタッグ王者チームの石井慧介と入江茂弘が、それぞれ石井&竹下と入江&遠藤に別れてタッグで対戦。
はじめこそ石井との対戦を嫌がっていた入江だが、組む機会も多くなったが、対戦する機会も多い竹下と遠藤が激しくやり合っていると、刺激されるように石井と入江も激しくぶつかり合った。20分間ノンストップでやり合った末に時間切れ引き分けに終わると、試合後石井は竹下&遠藤に対してKO-Dタッグ王座をかけての対戦を要求するようなジェスチャー。
試合後、「KO-Dタッグを獲ったのはもう3年前ですけど。3年前からKO-Dタッグ、いつでも行ける準備は出来ているんで。そろそろ、そういう行く期間だなと思います」とコメントした石井に対し、タッグ王者の竹下は「DDT全選手とこのベルトをかけてやるつもりなので。もちろん、それはドリフも入っているわけで。アジアタッグも巻いていたし、実績もすごくあると思うのでいい試合が出来ると思います」とコメントした。

浅草寺でお参りをするマイケルと伊橋メインイベントではHARASHIMA&ヤス・ウラノ&彰人のスマイルスカッシュと、KUDO&坂口征夫&マサ高梨の酒呑童子が6人タッグマッチで対戦。ファンクラブ限定イベントにも関わらず普段の試合と何ら変わらない激しい試合展開となった。
最後は大会名の『花やしき座で僕たちと握手』通りに、全選手が一列に並んで来てくれたファン一人一人と握手をしてお見送り。さらにマイケルと伊橋は松永の策略により、試合で敗れた罰ゲームとして大会終了後にコスチューム姿のまま浅草寺にお参りに行ったのだが、そこでもたくさんのファンが一緒に浅草寺まで来てお参りをしていった。

DRAMATIC FANCLUB限定興行vol.1〜花やしき座で僕たちと握手❤︎〜
日時:2014年10月18日(土)
開始:14:00
会場:東京・花やしき内花やしき座
観衆:250人(超満員札止め)

▼ダークマッチ1 エキシビションマッチ 5分1本勝負
▲中津良太
5分0秒 時間切れ引き分け
▲岩崎孝樹

▼ダークマッチ2 エキシビションマッチ 5分1本勝負
○樋口和貞
3分47秒 逆エビ固め
●梅田公太

▼第1試合 タッグマッチ 20分1本勝負
○MIKAMI
5分50秒 450°スプラッシュ→エビ固め
●大石真翔

▼第2試合 3WAYマッチ 20分1本勝負
○松永智充
8分8秒 ダブルフォール
●中澤マイケル
●伊橋剛太

▼第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負
男色ディーノ/○アントーニオ本多
14分4秒 ダイビング・フェイスドロップ→片エビ固め
高尾蒼馬/●勝俣瞬馬

▼第4試合 タッグマッチ 20分1本勝負
○飯伏幸太/佐々木大輔
10分8秒 シットダウン・ラストライド→エビ固め
高木三四郎/●平田一喜

▼第5試合 タッグマッチ 20分1本勝負
▲石井慧介/竹下幸之介
20分0秒 時間切れ引き分け
入江茂弘/▲遠藤哲哉

▼第6試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
○HARASHIMA/ヤス・ウラノ/彰人
16分51秒 蒼魔刀→片エビ固め
KUDO/坂口征夫/●マサ高梨

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×