REINAの会見中、矢子が水波を尻神教に勧誘!7.10後楽園で引退するセリーナに縁のある選手を集めてバトルロイヤルを開催

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

7月3日、REINA事務所にてREINA女子プロレス7月10日後楽園ホール大会の記者会見が行なわれた。

まずは小波とレイナ・イシスが着席。それぞれが抱負を述べる。
小波「小波です。自分はREINAという団体が海外と、特にメキシコのCMLLと強いパイプを築いていることがよくわかりました。今回、イシスに勝って、自分もいつかCMLLへ遠征することができるように、その第一歩にしたいと思います」
イシス「ワタシはREINAの所属になったからには、少しづつ結果を残して、ベルトを目指していきたいと思います。そしてこの後楽園ホールで試合できることがすごく楽しみです」
過去、一度対戦経験があり(6.13新木場)、小波が敗れているだけにリベンジを果たしたいところ。そして対外国人選手の初勝利を挙げたいところだ。

2015-7-3REINA記者会見②引き続き、朱里&藤田峰雄vs.忍&水波稜戦について、朱里と水波が着席を促されたが、なぜか関係のない藤ヶ崎矢子が登場。
朱里「矢子ちゃん!? このカードあなた関係ないんだけどぉ?…」
矢子は、両手を組んで前に突き出す尻神教のポーズを示すも無言。
朱里「ねぇ、聞いてる? あなた関係ないの」
すると矢子は口を開く。
矢子「この前、水波さんに似た人が隅田川に座ってました。その水波さんに似た人はたぶん水波さんなんですけど…川をじっと見つめてました」
朱里「だから、なに?」
矢子「その水波さんの背中が悲しそうだったんです。たぶん尻神教に入信したいって悩んでて…だから、今日 、水波さんを呼びました。水波さん座ってください」
ここでようやく水波が現れて着席、あきらかに困惑の表情だ。
水波「矢子ちゃん、悪いんだけど、それ私じゃないよ」
朱里「人違いみたいじゃん」
矢子「違うんです。水波さんは恥ずかしがってるんです。私も最初はそうでした。本心とは裏腹に尻神教に入信したいって素直になれなくて…」
水波「だから私じゃないって」
矢子「水波さん! 素直になってください」
朱里「矢子ちゃん、変だよ、大丈夫?」
矢子「水波さんに素直になってもらうために尻神教の忍さんと組ませます。そして、我が教団、我が教祖のために闘ってもらいます。相手は朱里さんとみねぴょんです。あなた達も尻神教に入信したらいいと思います 」
水波「朱里ちゃん…すごく後悔してるよ。よくわかんないし。尻神教ってなに?」
朱里「水波ちゃん…。でも、ここに来たってことは…もしかしてあなた本気で尻神教に入りたがってるんだぁ」
水波「だから違うって。この人達、みんなおかしいよ。もう、さっさと帰りたいんで何か質問はありますか?」
ーーレイナの印象は?
水波「新体制になってからは初めて出るんですけど、メディアとかで見てああ、こういう世界なんだなって思ってはいましたけど…まさか自分が出るとは…」
とまで言ったとき、朱里が「はい、笑って」と強引に2ショットを仕向けると、そこだけは目線を送る。
また尻神教の勧誘に再度、質問が飛ぶと「志田がやってるところですよね。この間、Catch the WAVEの公式戦で負けていて、この借りがあるので、そんな存在の人のところに入るわけにもいかない。志田とはシングルでやりたい希望もあるし入る気はさらさらないです」とコメントした。

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

月別

ページ上部へ戻る
×