ZERO1『第15回 火祭り』の組み合わせ抽選で各選手がライディーンに嫌悪感!天下一Jr二回戦に向けて選手たちが意気込み

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

7月2日、都内のZERO1道場でプロレスリングZERO1が『第15回 火祭り2015』の組み合わせ公開抽選が行われた。
その結果、Aブロックは佐藤耕平、田中将斗、KAMIKAZE、小幡優作、将火怒。Bブロックは崔領二、大谷晋二郎、鈴木秀樹、TARUの併せて9名のブロック分けが決定となった。
今回出席の上記出場選手に加え、関本大介、ジェームス・ライディーン、火祭り実行委員会推薦選手の3名の出場が決まっている。後日抽選を行ったのち、追って全出場選手のブロック分けが決定する。

Aブロック出場選手による抱負及びコメントは以下の通り。

田中「ここ最近、優勝から遠ざかっているけど、このメンバーを見て、誰とは言わないですけど、山場になるのは一人ぐらいしかいないので、それがどこにどのスケジュールで組まれるかになると思うので。そこを超えれば大丈夫だと思います。決勝に行くことだけを考えてブロックの予選を闘っていきたいと思います」
耕平「見た感じでは誰とは言わないですけど、またかという選手が一人います。その選手が山場になると思うのですが、それ以外は油断しなければ負ける相手ではないと思います。チャンピオンとして出る以上、まずブロックを勝ち上がって決勝にいきたいと思います」
小幡「今回で自分は3度目の火祭りとなりますが、過去2度はまったくと言っていいほど結果は残せていないので、今回は本当に結果が求められていると思うので、一戦一戦、大事に闘っていきたいと思います」
KAMIKAZE「とりあえずオレのことは置いといて、こうなるにあたってありえないヤツを呼んだので、ひと仕事終えているので、オレも。客が何を言おうが、選手が何を言おうが、委員会が決めたのだから。そういうことだ。それとよ、オマエ(小幡)の時、またベルト懸けてやるよ」
将火怒「待たせたな、将火怒だ。今回の火祭り、将火怒は初出場だけどよ、このオレがAブロックに来たからにはメチャクチャにかき回してやるから。そしてこのオレが勝ち上がる以上」

ーー決勝で闘いたい相手はいますか?
田中「特に誰っていうのはないですね。今までほとんどシングルで闘った人たちばっかりなので、これといって新しい対戦相手っていうのではないと思うので、別に誰が来ようと優勝することしか考えていません」
耕平「向こうのブロックは誰が上がってきてもおかしくないメンバーになったと思うのですが、その中でも大谷さん、領二とは過去に決勝で闘って負けている相手なので、そこにリベンジしたいですね。あとは自分のパートナー、うちの中でのパートナーの鈴木がいまWRESTLE-1のベルトを巻いているので、その対戦もおもしろいかなと思います」
小幡「誰が上がってこようが自分には関係ない。目の前にいる相手を全力で潰しに行くだけです」

ーーライディーン選手の出場に関して、どう思われますか?
耕平「優勝したっていう実績があったとしても、国に帰る時とかのことを考えると自分個人的な意見としてはないです。その権利はないと思います。いくら優勝という実績があったとしても無しですね」
田中「彼がどう考えているのかは、わからないですけど、最近ボクのフェイスブックを見ていると、彼が『いいね』をいっぱいつけてくれるんですよ。たぶんボクの存在が怖いからかなと思って。火祭り出場するにあたって、田中さんにはちゃんとしとかなきゃヤバいからみたいな感じで『いいね』をつけてるのかわらかないですけど、本当にもう出ることが決まっている以上、別にいまさら何を言ってもしょうがないので、どっちのブロックになるにせよ、敵なのは間違いないですね」
KAMIKAZE「まあ、どっちのブロックになるかわからないけど、出るのは決まっているんだからさ、オレとしては頼むからBブロックにいってくれって感じだけど。とにかくアイツ、ヤバいから気をつけたほうがいいと思うよ」

火祭り2015の組み合わせ公開抽選②続いてBブロック出場選手によるコメントは下記の通り。

大谷「なんとなく向こうは全員ゼロワンみたいな選手でしたけど、何がおこるかわからないブロックになったのは燃えるものがある。ざっと見渡してみてボクの中で、楽しみって言い方があっているのかは、わからないですけど、ワクワクする闘いっていうのは、やはり隣にいる  鈴木選手ですかね。まだシングルで一度も闘ったことのない選手。そういった意味では熱い闘いができるのではないかと思っています。そして気をつけるというか、どんな試合になるか予想がつかないのはTARUですかね。彼のシングルマッチというイメージが沸かないので心して試合に挑みたいと思います。
そして今回で15回目になるんですかね。この火祭り、ここで火祭りとはなんぞやと。火祭りを背負ってきたものの意地を見せる大会にしたいと思います。反対ブロックに田中なり耕平なりがいますけど、ボクの記憶の中ではボクを含め、田中、耕平、この3人が皆勤賞だと思うんですね。この皆勤賞でずっと出続けてきた男たちの決勝戦を後楽園ホールでやり、そして数年離れている火祭り刀をボクの手に返してもらいたい。そういう大会に、そういった火祭りにしたいと思います。ご期待ください」
鈴木「いまですね、レッスルワンにてチャンピオンで上がらしてもらって、つい最近ですけど、IGFでやってきて、両団体で感じたことがとにかくぬるいと。激しく闘っていればいいっていうそれだけしかやってなくて、まったくそれ以上の熱がないっていうので、そこを改革するために、2団体でエースとしてやっています。で、ゼロワンはもちろん激しい闘いはあると思うんですけど、いま大谷さんが言ったようなワクワクするとかっていうのは闘いとはボクはちょっと違うと思うので、そこの差を大谷晋二郎に見せつけて、ゼロワンの象徴だと思っていますから。そこをボクは勘違いしないでほしいなと思います。闘いというのは厳しいものだし、激しいもの。もちろん激しいって言っているけど、その激しさがボクとゼロワンとは少し違うと思うので、その激しさというのを強烈に見せつけたいと思います。」
TARU「思えばゼロワンに来てから1年半以上、ゼロワンと言えばさっきのジュニアの天下一ジュニアと、そしてこの火祭りっていうのは、オレがここにくるまでのイメージが大きかった。その火祭りに対して今回、初めてふれてみようかなと。なんでこんな気持ちになったかっていうと、もうそろそろオレも今年で51(歳)になる。体力的にも気力的にもいろいろなものがあって、試したいなあって時期に来たっていうのも正直ある。優勝とかそういうのはできれば目指してやりたいけど、ゼロワンファンやここにいる連中が笑って、あざ笑って、TARUが優勝?っていうような考えをしていると思うけどな、泣きにしもあらずっていう言葉がある。オマエら足下すくわれんようにな。火祭りが血祭りにならんように気を付けるんやな。そういうこっちゃ」
「去年優勝してから自分のやりたいようにやらせてもらって、ヒールに転向して、何を言われたかわからないけど、本当にそこから自分のやりたいことができて、まわりに言いたいこと言って最高の1年となりました。本当に大会もたくさんやって、スポンサーもつけて、個人的なことを言わせてもらえれば、来年頭にビル立てます。道場持ちます。ジムも経営します。やりたいこと全部、夢叶っています。それはすべて自分のやりたいようにやってきたからで、言いたいこと言ってきて甘ったれるなって気持ちをもって。オレはゼロワンも火祭り実行委員会も何にも信じてない。自分しかアテにならないのはよくわかっているから。先輩のことも誰のことも何にも信用しない。だけど、ひとつ言えることは、いまくじを引いたけど、ここに座っているように、あと2人は誰か分からないけど、ええメンバーが揃った。TARUさんとも闘えるし、鈴木、大谷とまた試合ができる。能力はズバ抜けていると思います。間違いなくAブロックよりBブロックの方がオレにとっては魅力的なメンバーが集まっているので、開幕戦が誰か分からないけど、決勝まで行って、もちろん優勝して、また今年も言いたいことを言いたいと思います。」

ーー反対ブロックの選手で決勝をやりたい相手はいますか?
大谷「ボクが決勝に行って、田中ないし耕平、2人が出てきて闘うのがボクの理想です」
鈴木「まああんまり誰っていうのはおかしいと思うので、その時上がってきたいちばん強いヤツとやれればと思います」
TARU「まあ相手は誰でもいいけど、いちばん絵になるのはKAMIKAZEと当たるのがええんちゃうかな。ええ試合してゼロワンをオレの色に染めたいなと。
「誰とやるか興味ありません。上がってきたヤツとやるだけ。それだけです」

ーーライディーン選手が出場することに関してどう思われますか?
大谷「彼の出場が決まったんですよね。だったらそれでいいじゃないですか。決まったものをオレは許さないなんて子供みたいなこと言いたくないんでね。でもできることならヨソのブロックに行ってほしいですね」

ーーヨソに行ってほしいというのはふれたくないということですか?
大谷「ふれたくないどうこうより、何度も言いたくないですけど、もう出るのは決まっているんですよね。抽選ですから、こっちの可能性も当然あるわけだし。来たら来たでいいし。こっちのブロックに入ったらオレはどういう気持ちで迎え撃つ? そんなこと言いたくもないので。ボクの希望を言えばヨソで闘ってくださいっていう気持ちですかね。」
「いりません。来ていただかなくて結構です。ニュースにもならないし、個人的に嫌いだし。ウチのことを批判した選手はいりません。この大会的にはもうちょっといいことを言ったほうがいいと思うんですけど、一回過ちを犯したヤツを上げる必要はありません。そしたらゼロワンをやめていった、不義理をしていったメンバーは誰でも上がってええことにしましょう。そういうふうに決めましょう。
いりません。本当にいらない。本当にあてにしない、この火祭り実行委員会。いい加減過ぎる。だけど、大谷さんも言われたけど、決まったことに対してどうこう言うことは男らしくない。いいふうに捉えたら逆にそういう気持ちを持たせてくれたっていう意味で、全選手に火をつけたっていう意味ではうまくオレたちのモチベーションを上げられたなって思っているし、まあちょっと興味本位っていう、アイツがどんな選手になって帰ってくるかっていう、みんなの態度とアイツの試合と、アイツが入ることによってのみんなのモチベーションの上がり方、そういう意味で楽しみかなっていうのはあるんですけど、個人的にはいりません。今後二度とこういうことが起こってほしくないと思いますけども、今回はちょっと楽しみにしている部分もあります。それが本音です」

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×