謎解き×プロレスのイベント「捕らわれのチャンピオンを救え!」には驚きと新しい発見があった

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

新宿歌舞伎町にあるライブハウス『新宿BLAZE』やイベントホール『新宿FACE』などを運営する株式会社サンヒルズが、リアル脱出ゲームなどで今注目されている謎解きイベントの総合サイト『なぞとも』とタッグを組み業界初のイベントを開催。

そのイベントとは、普段新宿FACEで数多く行われているプロレスと謎解きをコラボさせた『謎解き×プロレス「捕らわれのチャンピオンを救え!」』だ。
昨今東京ディズニーランドがパーク閉園後に謎解きプログラムを行い、東京大学謎解き制作サークルAnotherVisionがアニメとコラボした謎解きなどを展開するなど学生からファミリー層まで幅広く浸透している『謎解き』という文化が、プロレスというスポーツとコラボするのはもちろん初めてである。

武藤敬司率いるプロレス団体・WRESTLE-1(以下W-1)が協力し行われるこのイベントは、謎解きが初めての人でも、プロレスを全く知らない人でも楽しめるよう工夫されていた。
今回のイベントは10月14〜16日に3日間に渡って開催。その初日となる14日は、普段W-1の若手として活躍しているアンディ・ウー、稲葉大樹、児玉裕輔、土肥孝司、エル・イホ・デル・パンテーラがいつもとは違うリングネームとキャラクターで登場。ここでしか見られない姿にプロレスファンから歓声が上がった。
謎解きは1人ではなくチームで行うため、1人で初めて謎解きに参加していたプロレスファンも安心して楽しめるようになっていた。さらに普段はお客さんとしては入れない部分も開放されている点は、新宿FACEに慣れているお客さんも驚きと新しい発見をすることができる。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×